RUN&WALKの最近のブログ記事

有名人(芸能人等)のフルマラソンのタイムがちょっと気になったんで調べてみました。結構速くて驚きです!

<2時間台>
高石ともや    2:45:07
猫ひろし     2:55:45

<3時間台>
・長谷川理恵    3:15:36
・東国原 英夫   3:06:58
・鈴木宗男     3:44:40 
・太平サブロー 3:46:54
・間寛平         3:08:42
・村上春樹     3:31:26
・魔裟斗         3:51:14 
・郷ひろみ        3:38:37

<4時間台>
・荻原健司   4:02:49
・安田美沙子  4:09:47
・近藤真彦   4:20:51
・古田敦也   4:27:00
・森脇健児   4:29:10
・押切もえ   4:32:17
・博多華丸   4:39:22

<5時間台>
・水道橋博士  5:01:29
・平井理央   5:01:35
・ボビーオロゴン  5:06:40
・トミーズ雅    5:12:33
・月亭八光     5:17:13
・ヒロミ    5:34:04
・宮根誠司   5:56:09

今回の篠山マラソンですが
アジアン隅田さんが、初マラソンで参加されてましたが途中会う事もありません
でした。私より先に走ってたようですが どうやら30キロの関門に 引っかかった
ような事がサイトに出てました。
この模様は3月13日(土)ABCテレビ16:00~「第30回篠山ABCマラソン 彼女たちの挑戦」
で、奮闘の様子が放送されるそうです。
この他 篠山マラソンは 関西の出身の芸能人の方とか何人か出てらっしゃるようで
太平サブローさん、ABC三代澤アナウンサー等も走られてました。
ajian.jpg

2010年3月7日(日) 「第30回篠山ABCマラソン」参加してきました。
結果は、24.1キロ地点の第三関門でアウト、リタイヤとなりました。(T_T)
もちろん、言い訳はいたしません。私の足が遅いだけです!

<大会レポート>
AM6:00   豊岡出発
AM:7:30  篠山到着
渋滞も無く、できるだけ会場に近い駐車場を探す。しかし会場付近の駐車場はどこも満車。
川原の大駐車場は、帰りの事を考えて避ける。少し離れた 県総合庁舎駐車場へ
止める。この方が帰りの渋滞に巻き込まれずにすむため。 

sP1060201.jpg9時受付を済ませ、会場内にある特産品コーナー
で舌鼓。

あいにくの雨天の為、出走までの約1時間半
雨をしのげる場所を探すも どこの軒先も先客で
一杯。体育館みたいなものも無いため、会場近くの「大正ロマン館」の喫茶コーナーへ避難。
温かい部屋と熱いコーヒーに ほっと一時。

AM10:20分 スタート地点へ
私は、最後尾のEブロック。参加者1万人オーバー
の長蛇の列。
前日に、100均にて購入した雨合羽が威力を発揮
AM10:50 一般の部 スタートの花火が打ち上がるも、しばらくは 静止したまま。
少し歩いては止まるの繰り返し。ゆうに10分以上のタイムロスでスタートラインを通過。
しばらくは、細いコース幅の為大渋滞。思うように走れません。
計算場、第一関門は6.8Km地点60分なんで ウォーミングアップも考えてゆっくりペースで・・・
しかし、これがまずかった。結果的に関門時間5分前のギリギリで通過。
少し焦るも スタートが遅かったから しゃーないかと言い聞かす。(この時点で今おかれて
いる状況を把握すべきでした)

第二関門(18.2キロ地点)
ここ3ヶ月全くの練習不足。完走は厳しいだろうなと思いながら参戦したんですが
意外と、しんどくない。足も痛くない。沿道のあたたかい応援に元気をもらい、もしかした
ら完走できてしまうかも。なんて思いながら走ってました。
しかし走れども関門は来ない・・・と言いますのも 途中の距離表示があまりに少なく
ペースがも一つつかめない。そんな時 沿道のスタッフの方が拡声器にて 関門まで
残り時間、2分と言うアナウンスが聞こえた。
えーーーーっ 関門何処なん??ずいぶん先に 人だかりがある地点がそれか?
ギアを最高に切り替え 全速力でそこをめがけて走る。

コースの真ん中に なにやら大声で何やら叫ぶ 女性がいる。ムムム・・・
近づいてみると 有森裕子さんではありませんか。あっと顔がニヤけたのもつかの間
「残り時間30秒 ファイトーーーーッ」って うわーーっ もう無いはずのギアがさらに一段
上がった気がしました。
そのまま一気に 人だかり地点(そこが関門だったようですが)を通り過ぎる一心不乱の走りのため
時計すら目に入らず。
しばらく 走るも急加速に足回りが絶えきれずペースダウン。
通常ペース(キロ7分)より少し遅いぐらいで再始動。
ここまで、給水所でしか止まる事は無く これから先も いまのペースで行けば行けるかも。
「完走」の2文字が頭をよぎる。


sP1060200.jpg機嫌よく、丹波の田園風景を走ってますと またまた沿道の係の人が何やら声をかけてる。
んん 「関門まで2.1キロ 残り10分 がんばって!」
と言う事は、キロ5分!! 思考のほぼ停止した頭でも 簡単に計算できる数字。
その瞬間、またまたトップギアへ!
このトップギアのまま 走りきれば何とか間に合うぞ!
この間、誰にも抜かれる事なく 追い抜く連中を尻目に 
「君らどう言う状況下かわかってるんか?」って心の中で叫びながら。もくもくと走る。
しかし、自分ではトップギアのつもりで走ってたんだけど そうではなかったようです。
2キロって 長いな。まだか。完走出来なくてもこの関門だけは。
でも、キロ5分以上のペースだし 大丈夫だろうって!
目前に、バスの大群が えっ。Why?何が 起こったのか 瞬間わからず
4~50メートルぐらい手前で、タイムオーバーの静止が・・・嗚呼 神よ!
次から次に押し寄せる バス軍団に飲み込まれいくランナー達
止めどなく流れ落ちる汗と ガクガクになった足を引きずり バスに乗車。
車内は、落胆した人々のうつ向く姿 終始静まり返っておりました。

まっ そんなこんなで終了したんですが
総括:
普段の走りがキロ7分では、完走は難しい。
キロ6分のペースを持続出来なければならない。
もちろん、後半ペースが落ちることを考慮して。

敗因:
練習不足、
腕時計がない為(今回忘れた)ペースが分からなかった。
注)私のように ギリギリの完走をねらっているランナーは
まず、関門時間への到達予定時間を事前に計画いたしましょう。
それが、ペースを保つ事になります。

大会データ:曇後雨 気温4.5度
参加者1万1376人 完走8757人 完走率77%

また、来年も参加し そしてメダルをGetしたいものです!

sSDIM2273.jpg 

昨日 2009年11月23日 当ブログでも 以前にふれておりました福知山マラソン(初めてのフル)に参加してまいり
ました。天候にも恵まれた絶好のマラソン日和となりました。
1SDIM1550.jpg参加者1万人を超える物凄い人にびっくり
10・11月と本番に向け走りこみを予定しておりましたが
ほとんど練習できず、11月にいたっては30キロほどしか
走れてませんでした。なにより食欲の秋とはよく言った
もので、夏場順調に落ちていた体重も見事にリバウンドで
増量!!ここんとこ怖くて体重計にも乗れなかったんですが
前日に計ると 何と78キロ 4キロも増えてる!
こんな状況
で本番を迎えても完走等できるわけがない
と思っておりましたがなんとか完走する事ができました。

さてさて、完走の感想ですが
先ず、キツカッタ事。
何がって、足です。42.195キロなど未知の世界。
過去最高が、21キロぐらいでその時も結構 足痛かった
んですが、今回は次元が違いました。
足裏、足首、脹脛、太もも、股関節 足の全てが痛い・・・
自分の足じゃないみたいでした。
それも、これまで味わった事のないような激痛。
20キロ過ぎたあたりから 徐々に足裏が痛み出す。
22キロぐらいで、沿道でストレッチ等を行うが 改善なし。

25キロ過ぎでは、もはや自分の足ではなくなり
ました。しかしここまで来たんだから、もうあと5キロがんばろって気持ちで走ったんですが 痛くて
思ったような、走り方ができず 摺り足みたいな ランニングフォームに切り替えました。

 

本番近し、秋深し

| コメント(0)

 

sSDIM1312.jpg久しぶりの更新です。
深まりゆく秋を感じてる余裕は無いんですが
写真をこまめに撮り出して半年、季節は春-夏-秋
へと移ろいました。

年間を通して季節毎のイメージを撮りためておき
たい事もあり秋を追っかけてます。
どうしても、落ち葉や紅葉になりがちなんですが
意識していろんな景色をみてると 結構綺麗だった
りして・・・

 

 9月に申込した「福知山マラソン」大会本番まで2週間を切りました。
情けないことに準備は全くと言っていいくらいすすんでおりません。今さら言ってもなんですが・・
とにかく、走れてません 雨のせいもあるけど 何んか日が暮れるのが早いし寒いし どうも
やる気が起きないんです。
煙草をやめて2週間 確実に心肺機能は上がっておりますが、 体重激増で膝等足への負担
が増加しております。
sSDIM1319.jpgNHK BSのアインシュタインの眼という番組で
「速く長く走れ 長距離走の極意」

 これは、超高速のスーパーカメラでトップアス
リートの走りを科学的に分析し その極意に
迫るという内容でして。
番組の中では、体幹を意識した走りが重要
であるといってました。
 NHKオンデマンド

 楽に長距離を走るには効率よく省エネで走る
それには、この体幹が必要になります。

体幹については、コチラで http://moura.jp/lifestyle/taikan/

sSDIM1332.jpg はたして、11月23日はどこまでいけるんでしょうか

20キロ以上の距離を走った事がないので
体がどんなことになっちゃうんでしょうかね・・・
楽しみです。

 

フルマラソン出場に向け

| コメント(1)
昨日、20キロRUNに挑戦いたしました。
結果は、2時間20分 10キロ70分ペースですね。予想どおりなんですが、20キロは未知の領域
どんなふうになるのか、走ってみないとわからないで 少し不安でしたが 何とか完走できました。
さて、レポートです。 1SDIM0642.jpg