廃れないモノの最近のブログ記事

ARTPHEREのWebSiteがリニューアル

兵庫県豊岡市のバッグブランド ARTPHERE(アートフィアー)の公式サイトがリニューアルされました。

 

アートフィーは、豊岡の老舗バッグメーカーのファクトリーブランドとして今年で10年目を迎えるます。

ブランドを代表する【ニューダレスバッグ】は、独自の世界感を出したデザインで人気。
3Dグラフィックと特殊なミシンを駆使して作られるニューダレスバッグは、世界をも魅了しています。

 

10年目を期にブランドコンセプトも再構築。

機能をカタチに創造する。
新たに2つにセグメントされた商品群、
[FrameWorks] バッグの開閉部分にクラシックなバッグで採用される口枠を使ったシリーズ。

[StyleWorks] ARTPHEREが厳選した素材やデザインをシーンやスタイルに合せて提供するシリーズ。

 

今後も、アートフィアーのバッグから目が離せません。

 

アートフィアー(ARTPEHRE)公式サイト

アートフィアー(ARTPHERE)公式通販サイト

 

 

昔から、キャンバス地(帆布)のバッグが好きです。
革の鞄は、キズなど結構気を使う。
ナイロンやビニールは、経年変化でボロボロになったらお終い。
その点、キャンバス地は無造作に扱っても平気 帆布のトートなんかは汚れたらそのまま
丸洗いすることもしばしば。

もともと帆布って帆船の帆に使うための、厚手で丈夫な布として作られたのが始まりなんで
耐久性が無いわけが無い。
そんな、無骨な帆布(キャンバス)のかばんが好きです。
永く愛用したいそんな方には、持って来いの素材だと思います。

こちらで、紹介するのは 豊岡のバッグメーカー 「アートフィアー」の製品。

アンティークライン(ARTPHERE)ボストンバッグ

素材には、倉敷帆布の6号という結構厚手のキャンバスを使用しております。

倉敷帆布(くらしきはんぷ)とは、岡山県倉敷市周辺を産地とする帆布で、旧JIS規格に沿った厳密な品質規格を守った最高品質の国産帆布を指す。岡山県倉敷市周辺は国産帆布の約7割の生産量を担う一大産地。温暖な気候と豊富な水源は綿花栽培に適した環境であったことから、海を埋め立てた新田で良質の綿花が作られたことと、真田紐や小倉帯などによって糸を撚り合せる技術が磨かれたことから、明治時代以降、この地区での帆布づくりが発展していった。
wikipedeiaより

倉敷と言えば、ジーンズが有名なんですが国産帆布の7割りも生産している一大産地なんですね。
倉敷帆布の詳細は、こちらのサイトでどうぞ。https://store.kurashikihanpu.co.jp/info/about.php

 

IMG_9470.jpg IMG_9528.jpg

IMG_9567.jpg


ボストンバッグとトートの2種類ラインナップ
本体は、倉敷帆布6号 革はイタリアンレザーLux。

この鞄の最大の特徴は、シリーズ名でもわかるとおり「アンティーク」「ビンテージ」「ユーズド」
など、長年使い込まれた感を再現していることです。

その実現は、「鞄を丸ごと洗う事」と一つ一つ「手揉みによるシワ加工」により表現されてます。
さらに、帆布の表面にパラフィン加工が施される事で このシワが使い込んでくるとアタリとな
ってさらに雰囲気を高めます。

パラフィン加工とは、帆布の素材は綿や麻を使うんですが、そのままでは水を吸ってしまいます。
それを防ぐ「撥水加工」にパラフィンを使うのです。
パラフィンは「ロウ」の事で(ロウソクのロウ) 生地の表面にコーティングします。

撥水性を高めることはもちろんですが、使い込んでくると そのシワが白化し線が浮き出たようになります。 古いジーンズのような色落ちが再現されます。

ボストンバッグは、2泊程度の旅行なら十分いける容量を確保。
トートバッグは、マチがありませんので、大量の荷物は無理ですが、MacBookやウルトラモバイル等のノートパソコンやタブレットの持ち運びにいいんじゃないでしょうか?

クリエーターやカタカナ職種の方に、合うかもです。

一生使える、男の拘りのアイテムとしていかがでしょうか?

株式会社アートフィアー

楽天市場オンラインでも販売中
http://www.rakuten.co.jp/artphere-eshop/

IMG_9556.jpg

 取り外し可能なインナーポケット

 

ガレッティ(Galletti)バッグ

気に入ったモノは、とことん長く愛用したいそんな性格です。
約25年前に買った、RED WINGのエンジニアブーツも今だ現役。
とにかく、世代を超えた 廃れないものがだーい好きなんです。

さてされ
今回は、イタリア フィレンツェのバッグファクトリー「ガレッティ(Galletti)」のご紹介です。

ガレッティは、イタリアの港町フィレンツェに本社を置く バッグメーカーです。
かの有名な、DOLCE&GABBANA(ドルチェ&ガッパーナ)、TOD'S(トッズ)、GUCCI(グッチ)等の
バッグの製造を手がけるファクトリーです。
日本では、、まだそんなに知られていないようですが 一部のセレクトショップでは扱いがあるそうです。製品は、すべて熟練した職人によりハンドメイド。
プレミアムレザーを使った独特の風合いと くったっとしたシルエット。
これがまた、そそるんですね・・・・

1IMG_1368.jpgなんで、イタリアなん??

そう、そんな、ガレッティと豊岡のアートフィアーがコラボレーションしたバッグがこの程発売されました。 4タイプ(各2色のラインナップ) ・ショルダーバッグ、トートバッグ、ボストントート、ボストンバッグ。

デザインは、いたってシンプル。
白いステッチとアンティーク調の金具が、いい雰囲気を出してます。
アートフィアー独自の仕様もあり、長く愛用したくなる鞄なんです。
キッチリと手入れしてやることで レザーのエイジングが楽しめる一生モンアイテム。

きっと、旅行やお出かけが楽しくなることでしょう!

久々の更新。。。
話題が無いわけでは無いんですが マメにできなくて。

バッグを買いました。
普段使いの財布や携帯、デジカメ等 ちょっとしたモノを入れる鞄が
前から欲しかったんですが、この度 いい商品とめぐり合うことができました。


_P1090453.jpgメーカーは、アートフィアー(ARTPHERE)。
かばんの街 豊岡市のバッグメーカーです。
地元の老舗メーカーさんの ブランドですので 作りやクオリティーの高さは
お墨付き。

で、購入したのは ワンショルダー。
ボディーバックなんですが、最近は「ワンショルダー」と呼ぶほうが
カッコイイみたいです。

ナナメがけスタイルが、とってもオシャレ。
似合ってるかどうかは別にして・・・
176センチ82キロの体では小さく見えるかも。



_P1090454.jpg収納は、デジカメ・スマートフォン・財布・タバコ・・・
まだまだいけますね。夏の軽装にピッタリな感じです。
短パンにTシャツそして、アートフィアーのワンショル!



_P1090455.jpg裏面は、メッシュ加工にて 汗かきにはこれまたグー。
ベルトのフックも左右についてるから 右掛け左掛けどちらもOK!



WESCO-Jobmaster Work boots

| コメント(0)

ワークブーツ:タフな男の足元を固める仕事靴・made in usa・バイカー・アメカジ等々連想させる
言葉は数々あります。
最初に出会ったワークブーツは、80年代中旬学生時代、円高の影響でmade in USAの商品が
とても買い易くなった頃 バイトで貯めたお金で RED WING製 ENGINEER BOOTSを購入。
安くなったとは言え、4万ぐらいはしたような記憶がありますが。
アメリカ製のワークブーツの商品名には、WORKの種類により それぞれ名前がついているモノが
多くこの「エンジニアブーツ」は、元々鉄道の機関士が過酷かつ危険な仕事を支える為に作りだ
されたそうです。他にも電線工の為の「ラインマン」、山仕事の男達に愛用された「ロガー」等 
それぞれの製品名には、それなりの理由があるということです。
sSDIM0638.jpg