2015年1月アーカイブ

どの食材もそうですが、特に蟹は鮮度により味は大きく変わってくるとされてます。
水揚げ後 時間がたつにつれ 鮮度はどんどん落ちてきます。
カニ漁の船上で いけすに入れて持ち帰られますが 蟹は徐々に体力が落ち弱っていきます。
何日も 水槽で生かせておくことは出来ますが カニ身は細り身の締りもなくなってきます。

ほんとに、美味しい蟹を味わうためには?
水揚げ後、いかに早く 鮮度を保ったまま(活の良い状態)で いただくかが鍵となります。

日本一高い高級ブランドガニ「間人蟹」とは?
カニの味を決める この鮮度が一番高い状態で水揚げされる港 

IMG_0686.JPG

京都府丹後半島の沖合が昔より良質なカニの漁場として知られています。
この漁場に一番近い位置にあるのが 間人港なんです。
間人港には、日帰り操業の小型船が5隻。
深夜、出港し 翌日に寄港します。
間人の競りは 午後2時から行われますので 競りに間に合うよう戻ってきます。

IMG_0770.JPG



おすすめの間人蟹の食べれれる旅館

京都 丹後間人の旅館 寿海亭
〒627-0201
京都府京丹後市丹後町間人3778
TEL.0772-75-0168
FAX.0772-75-0240