2011年10月アーカイブ

SIGMA社製 DP2を使い始めて 早いもので2年半が経過いたしました。
この間、カメラや写真の事について多くのことを学びました。
他社の製品に比べれば、機能面や使い勝手は お世辞にもいいとは言えませんが
なんもない所が写真を撮ることに集中できるし そして如何に撮るか学べる そんな機種じゃ
なでしょうか?このカメラに出会ってなかったら写真の面白さにハマることも無かったかも・・・

そんな、DP2ですがプチバージョンアップ(ドレスアップ)を行いました!
レンズフードを変えただけなんですがね・・・

純正のフードHA-21もデザイン的には 気に入ってたんですが 前から気になってた
スリット付きのアダプターに交換いたしました。

1P1090799.jpg八仙堂 新型レンズフード46mm
http://store.shopping.yahoo.co.jp/hassendo/

HA-21のアダプターがそのまま使えます。
アルミ製のつや消しブラックで高級感もあります。
お値段1,800円とお求めやすい!
もちろんケラレもありません。

さらに、汎用のレンズキャップも付けれますので レンズの保護も安心です!
以前は、純正フード(レンズキャップ無し)つけっぱなしで鞄にほり込んでおりましたので
フードの中にライターが入っていたこともあり 危うくレンズが傷がつくとこでした。

P1090800.JPGこちらも八仙堂さんで購入できます。
58mmお値段350円!安っ!
フィット感もバッチリ。少し長いですが 紐もついてますのでキャップの紛失防止に!

ますます、持ち出すのが楽しくなるDP2でした。

ガレッティ(Galletti)バッグ

気に入ったモノは、とことん長く愛用したいそんな性格です。
約25年前に買った、RED WINGのエンジニアブーツも今だ現役。
とにかく、世代を超えた 廃れないものがだーい好きなんです。

さてされ
今回は、イタリア フィレンツェのバッグファクトリー「ガレッティ(Galletti)」のご紹介です。

ガレッティは、イタリアの港町フィレンツェに本社を置く バッグメーカーです。
かの有名な、DOLCE&GABBANA(ドルチェ&ガッパーナ)、TOD'S(トッズ)、GUCCI(グッチ)等の
バッグの製造を手がけるファクトリーです。
日本では、、まだそんなに知られていないようですが 一部のセレクトショップでは扱いがあるそうです。製品は、すべて熟練した職人によりハンドメイド。
プレミアムレザーを使った独特の風合いと くったっとしたシルエット。
これがまた、そそるんですね・・・・

1IMG_1368.jpgなんで、イタリアなん??

そう、そんな、ガレッティと豊岡のアートフィアーがコラボレーションしたバッグがこの程発売されました。 4タイプ(各2色のラインナップ) ・ショルダーバッグ、トートバッグ、ボストントート、ボストンバッグ。

デザインは、いたってシンプル。
白いステッチとアンティーク調の金具が、いい雰囲気を出してます。
アートフィアー独自の仕様もあり、長く愛用したくなる鞄なんです。
キッチリと手入れしてやることで レザーのエイジングが楽しめる一生モンアイテム。

きっと、旅行やお出かけが楽しくなることでしょう!

豊岡鞄が城崎温泉で買える

「かばんの街 豊岡市」

兵庫県豊岡市は、全国的にも 鞄の生産地として有名です!?
鞄生産(メーカー)・卸・鞄材等、鞄作りには困ることありません。
名だたる有名ブランド鞄も豊岡市の工場で生産されている事実は、品質の高さや
技術力の高さが、それを裏付けます。

about:「豊岡鞄」
豊岡市で作られた鞄は「豊岡産」「豊岡製」「日本製」などと呼ぶことができます。
それら豊岡産の鞄の中から兵庫県鞄工業組合が定めた基準を満たす企業の優れた製品を
「豊岡鞄」と認定します。
豊岡鞄の詳細はコチラから>>> 

さあ、そんな豊岡鞄を専門で取り扱うお店が城崎温泉にあります。
1P1090675.jpg
城崎温泉の街に溶け込んだ、京都町屋風の外観が目印の
豊岡鞄認定販売店:蔵-KURA
場所は、城崎温泉の中心を流れる大谷川沿い外湯柳湯と地蔵湯の間にあります。

1P1090671.jpg
店内には、豊岡鞄をはじめ蔵オリジナルバッグなどをセンスよく飾られてます。
多種多様なジャンルは、性別用途を問わず チョイスできます。
また、財布やキーフォルダー等の小物類も充実。

取り扱いブランドは、MARIONETTE JOHNSON(マリオネットジョンソン)・
LEXIARD.JP(レクシアード.ジェイピー)・ARTPHERE(アートフィアー)etc...

P1090669.JPG
豊岡市産のカバンオンリーの取り扱いは、高い品質だから自信を持っておすすめできる
オーナーのこだわり。
城崎温泉を訪れた際は、是非とも立ち寄ってみてください。